キレイにほくろを取り除く方法【レーザーでの切除が最も適している】

お肌に行える美容対策

医者と看護師

大きさなどによって変わってくるほくろの除去手術は、再発する時もありますが医師に相談すれば対応してくれます。クリニックで受けられる治療法はメスを使った方法もありますが、レーザーを利用したやり方も効果が高く評価されています。

詳しく見る

利用における前知識

カウンセリング

ほくろ除去の施術をクリニックで利用していくのなら、不安をなくすために事前調査を行いましょう。事前調査を行うことで、お得に利用できたり内容が理解できます。また予算を考えたりアフターケアを意識した生活も必要となるため、頭に入れておきましょう。

詳しく見る

施術で取り除けます

看護師

整形外科ごとにほくろを除去する費用に違いがあるので、予め調べてから通うクリニックを決めるべきです。また、自分の症状に適した治療法があるかも大切で、カウンセリングで医者と話し合って除去する方法を決定しましょう。

詳しく見る

色々な種類がある

医者

適切な方法を選択する

ほくろは誰にでもできるものですが、人によってできやすさに違いがあり、年齢ともに数が増えていくという人もいます。原因は皮膚に色をつけるメラニン色素の活動が活発になりすぎることです。原因はこれだけでなく遺伝や体質などもありますが、多くの人の場合にはメラニン色素が関係してできているものだと考えられています。そのためほくろの予防としては紫外線を浴び過ぎないようにすることが大切で、できるだけメラニン色素を作り過ぎないように気をつけることで、数が増えるのを予防することができます。しかし、一度できてしまったものはなくすことができないので、なんらかの処置をして切除が必要になりますが。皮膚の表面の色がついている部位だけを取り除いても、すぐに元通りになってしまいます。これは原因がメラニン色素にあるからで、活発になりすぎているメラニン色素も一緒に取り除くようにしなくてはいけません。ほくろを判別する時には大きさだけでなく色や盛り上がりの具合も参考にします。また中には悪性のものもあるので、万が一に備えて悪性ではないかも調べてから治療法を決定することになります。色が薄いからといって取り除く場所が浅くても良いというわけではないので、専門の医師の診察を受けて決めましょう。深く取り除く時にはくりぬき法という組織がある部位を全て取り除くと言う方法が選択されます。ちいさなものの場合にはくりぬいた後に徐々に組織が盛り上がってきます。今ではレーザーで取り除く方法が主流ですが、昔ながらのくりぬき法が使われることもあります。ほくろの治療は今ではレーザー治療が増えてきました。確実に取り除くことができながら、傷の大きさを小さくできるので便利に使われています。しかし、ほくろには悪性のものもあるので、心配がある時には検査を行わなくてはいけません。その時にはレーザーで組織を焼き切ってしまうと検査をすることができないので、くりぬき法といってほくろの組織を丸ごとくりぬく方法がとられます。これで、ほくろができている部位の組織を検査することができるので正確な診断をつけることができます。また組織をしっかりと除去することができるので、再発をしたくないという人にもおすすめです。絶対に再発をしないというわけではありませんが、広く組織を除去するので再発の可能性を減らすことはできます。またレーザーだけでは取り除くことが難しい大きなものなどは、昔ながらのくりぬき法で切除して、傷跡を縫い合わせる方法もあります。ものによってはかなり大きなものがあったり、顔などよく動かす場所だった場合にはレーザーよりもくりぬき法が適していることもあります。小さなものの場合にはレーザーで取り除いて、傷跡もすぐに治ることが多いのですが、大きなものや深さのあるものは切除後に完全に治るまでに時間がかかることも多いので、そのことも考えて切除方法を選ぶようにしましょう。レーザーで切除する方法は出血がほとんどない、傷跡が残りにくいなどメリットがたくさんあるので、多くの人がレーザーを使った治療を選択しています。小さなものであればレーザーでの切除が最も適していることがほとんどです。